名古屋で唯一の40代女性「お腹痩せ専門」ヨガ・ピラティスの完全個人レッスンだから、誰にも気を使うこと無く理想的なカラダ作りを完全サポートします。

トップ > お腹痩せ専門ヨガピラティス体験ブログ > ☆ヨガとピラティスの違いVol4☆動きは●●から始めること(*^。^*)

☆ヨガとピラティスの違いVol4☆動きは●●から始めること(*^。^*)

いつもブログをお読み頂きありがとうございます。
名古屋ヨガピラティス個人レッスンスタジオLuv代表の
ヨガピラティスティーチャー、トモヒロです(*^。^*)

昨日はケンハラクマ先生のアシュタンガヨガの
マイソールクラスに参加しました(*^。^*)
※写真とるの忘れましたm(__)m

今日はハムストリングが
人生で一番筋肉痛です(笑)
充実したマイソールクラスでした。

病気から復活したC様とのピラティス。
ブランクを感じさせない動きを
みせて頂いております。

最近のレッスンでは「お尻」に注目をしております。
夏に向けてヒップアップしたいお客様だけではなく
骨盤を正しく支える、腰痛を改善をする、ふとももを
細くする、、色んな筋肉とのつながりがあるのが
「お尻」です。

☆ストマックマッサージシリーズ(胃のマッサージ)ですが、坐骨を寄せることに集中
IMG_3924

☆膝を伸ばしても、「骨盤」を坐骨をよせながらお尻の筋肉たちでささえます(*^。^*)
cさん美しい~動きです。
IMG_3923

ピラティスの動きは
「パワーハウス」からといわれます。

※パワーハウスとは肋骨(ろっこつ)の下部、体側、骨盤低の長方形に
含まれる一連の筋肉の総称で、体幹の支持筋のこと。
筋肉は腹横筋、内腹斜筋、外腹斜筋、腹直筋、骨盤低筋、
大腰筋、多列筋(背中側の脊柱起立筋)を含みます。

ヨガでいう「丹田」とは場所が違いますが
意識する部分としてはお腹に近いところなので
ヨガでの動作にも活かせます。

アシュタンガヨガでも「どこから動きがはじまる」
という明確なルールがありません。

ピラティスでの「パワーハウス」から動く、という
概念はヨガでの「お腹、肛門をロックする」バンダの
考え方にも近い部分がありますので、ピラティス後の
ヨガレッスンは立位のアーサナからシッティングまで
とってもとっても安定するわけなのです!(^^)!

パワーハウスという概念のおかげで
レッスン中にも生徒さんが
お腹の力が抜けないように
「パワーハウス、パワーハウス」と
共通言語となり、お腹がぬけないようになります。

☆上級者シリーズの「オープンレッグロッカー」も綺麗(*^。^*)
IMG_3912

ヨガとピラティスの
行ったり来たりで
お客様の本来もっている
美しさの宝石を輝かせます!(^^)!

p・s
・リバウンドした体重がもどらない
・まずお腹まわりから引き締めたい
・お腹のつまめる脂肪をなんとかしたい
・つらいだけのダイエットはいやだ
・美しさへのこだわりは人一倍ある
一緒につらいだけのダイエットは卒業して
本来ある美しさをヨガピラティスで一緒に輝かせましょう!(^^)!

7月もおかげさまで予約が埋まりつつあります。
是非、お早目のご予約をお願い致します。

体験コースはこちら