名古屋で唯一の40代女性「お腹痩せ専門」ヨガ・ピラティスの完全個人レッスンだから、誰にも気を使うこと無く理想的なカラダ作りを完全サポートします。

トップ > お腹痩せ専門ヨガピラティス体験ブログ > 【名古屋ヨガピラティスお腹痩せ専門】1日3分、なぜ、ヨガピラティス呼吸をするだけで「食欲」が正常になるのか?

【名古屋ヨガピラティスお腹痩せ専門】1日3分、なぜ、ヨガピラティス呼吸をするだけで「食欲」が正常になるのか?

 

いつも名古屋ヨガピラティス

個人レッスンスタジオLuvを

ご利用頂きありがとうございます。

ヨガピラティスティーチャーTomohiroです。

home_img02

 

フェイスブックの

「いいね」もいつも

ありがとうございます。

 

今回は

なぜ、ヨガピラティス呼吸をするだけで

「食欲」が正常になるのか?

について書きます。

 

私は20代で「摂食障害」となり

過食症、拒食症、両方とも体験しました。

とにかく夜中に無性に何かを食べたくなり、、

夜中にコンビニへいっては、すぐに食べられる

菓子パン、お菓子、デザートをかけこむように

食べてました。

痩せたいから、下剤を飲んだり、食べて吐く

ということを繰り返しました。

 

顔はむくみ、身体が重だるくなるにつれて、、

「これは真剣に食について、考えないと

このままだと、太り続けて、糖尿病になって

死んでしまう」と真剣に悩み、、

 

3食きっちり

栄養あるものを食べましたが

夜中に急に目が覚めて

コンビニでいって、菓子パンやお菓子を

口いっぱいに詰め込むように食べるのは

なおりませんでした。

 

そして

精神科や心療内科にいきましたが

精神を安定させるような薬のみ

処方されるだけ、

もちろん、そんな薬をのんだだけでは

過食症状はよくなりません。

 

そんな過食症状がよくなった原因に

必ずあげるのは

「呼吸が深くなった」ことをあげます。

 

ピラティスでは胸式のラテラル呼吸が基本です。

 

写真のように

吸う呼吸で胸郭(肋骨)を左右、上下に大きく広げるイメージ

IMG_2985

 

 

吐きながら写真のように「肋骨の下部」を身体の

中心に閉じるようにする

IMG_2981

 

 

私はレッスンの時は必ずこの写真の

ピラティス呼吸から生徒さんの身体を

見ていくのですが、シャツのシワの

より具合で

「身体の歪み」がわかります。

 

身体がゆがんでいるな~という時は

 

「吸う息で腰骨から肋骨をおもちのように伸ばして」

「吐く息で左右の背中をマットにプリントして~」

 

というと、シャツのシワがしっかりのびて

・肋骨

・骨盤

のポジションがよりニュートラルになります。

 

そしてこの

ニュートラルポジションで

「集中」して呼吸すると、、

ピラティスやり始めた当初は

「眠くなる」のです。

 

これは大成功で!

「副交感神経」も優位になってる証拠です。

 

 

 

食欲が乱れているときは、、

いろんな原因がありますが、、

 

「自律神経」

 

 

は間違いなく乱れています。

 

 

 

今呼吸をしてみて、、

 

・奥歯をかみしめている

・肺の動きが小さい

・鼻が詰まっている

 

方は是非、ヨガ、ピラティスの

マンツーマンレッスンをご体験ください。

体験コースはこちら